ライフハックアニメーションの自己紹介

運営者情報

運営者情報

ライフハックアニメーション中の人

東京大学経済学部卒。YouTubeチャンネル「ライフハックアニメーション」の運営者。過去に起業するも困難を前に挫折し、燃え尽きた末、心身ともにどん底へ。数年の沈黙を経てライフハックに目覚め、心身の健康を取り戻し、社会復帰を果たす。その復活の過程で得た知識を実体験に基づき編集し、アニメーション動画で発信。「心と体の健康」をテーマにした動画コンテンツは200を超え、知る人ぞ知るYouTubeチャンネルへと成長を遂げる。2021年10月現在、チャンネル登録者は16万人。メンタルの塔の提唱者。

保有資格

・JADP認定上級心理カウンセラー資格
・JADP認定上級食育アドバイザー資格

ライフハックアニメーションとは

ライフハックアニメーションとは、Youtubeにてアニメーション動画でライフハックの知識を配信しているオンラインメディアです。

心・技・体・知の4つの側面から個人の能力を高め、その人が社会の中で楽しく自分らしくやりがいをもって生きられることを目標に、

メンタル系、健康系、自己啓発系、仕事術系など、知識やハウツーを発信しています。

Youtubeチャンネルはこちら

中の人の自己紹介

動画内ではロボットの姿で登場していますが、中の人である私は歴とした人間です(笑)

年齢:秘密
誕生日:秘密
趣味:読書、筋トレ、旅行
好きな食べ物:インドカレー、スイカ、モンブラン

なぜ運営しているのか

ライフハックアニメーションをなぜ運営しているのか。

それは、端的には日本のメンタル教育に課題意識を感じているからです。

現代社会は、いわば「正解」の無い時代です。

そのため、「なぜ頑張るのか。」「なぜ生きるのか。」といった意味での精神的な拠り所を見失いやすい社会といえるのですが、
その一方で、努力を強いられる過酷な社会でもあります。

これといった精神的な拠り所への意識が希薄な状態では、なかなか人は踏ん張れないものです。
それにも関わらず頑張らないといけない時、どうしても人は精神的に疲弊するのではないでしょうか。

そういった意識は、現代、ほとんどの人が感じていることかと思います。

ただ、じゃあどうすれば、そうした精神的な疲弊から解放されるのか、回復できるのか、
その方法について私たちは特に学ぶこともなく社会の中に出ていきます。

結果、多くの人が、どこか漠然としたネガティブな感情を抱きながら、日々を過ごしているように思います。

キッカケについて

そのように思うようになったキッカケは自分の過去の経験にありました。

私は過去に起業しました。

ただ、今振り返れば、当然と言ってしまえば当然の成り行きとして、失敗しました。

今思えば、「気にしないで前向きになろう!」の一言で済ませばいいものの、
当時の私にとって、それは耐え難く、恥ずかしく、辛いものでした。

いわゆる、燃え尽き症候群の状態で精神科で「うつ病」と診断され、まるで逃げるように、その世界から抜け出してきました。

一旦全てやめて、ボーッとしていた時期がしばらく続きました。

基本的に、日々はネガティブな感情に覆われ、昼夜は逆転、食生活は適当の極みで、
どんどん体が弱っていくような感覚に苛まれていました。

ただ、幸いなことに、「このままではいけない!!」と自分を鼓舞し行動する力がある日突然湧いてきました。

そこから、本屋に向かい、今このライフハックアニメーションで紹介しているような知識を次々と学び実践しました。

その時に得た知識の数々は目から鱗の連続で、「なんだそういうことだったのか!」と思うようなことばかりでした。

「このような知識は知っているのと知らないとでは天と地ほどの差があるな。」

シンプルにそう思ったことが、今の活動のキッカケだと思っています。

もちろん、凹んでいた状態からすぐに回復できたわけではないのですが、今こうしてメディアを運営できるレベルにまで回復し、
情報の発信を継続できるようになりました。

そして現在は、私と同じように悩んでいる方にとって助けとなるような知識を発信したく日々活動しています。

ストレスの多い現代社会で必要とされる知識

現代社会はいわば「1億総ストレス社会」とも言われます。ストレスを抱え、追われるような毎日を送っている人がとても多くいます。

それは社会人だけでなく、まさに中高生、大学生もまた「1億総ストレス社会」の一員と言えるでしょう。

そうした状況もあって、世界的にうつ病をはじめとした精神疾患が増加の一途を辿っています。

では、そうした社会に必要なのは何か。1つは、そんな社会に対処し自分を守るための「知識の武器」であると思っています。

  • ストレスに心も体も晒しすぎない
  • 心と体の回復のための時間をもつ
  • 精神的、肉体的に成長していく

それができればいいのですが、なかなかそうした知識を分かりやすくサクッと紹介してくれる存在がいません。

本などから情報収集できればいいのですが、そんな時間もない。という方がほとんどだと思います。

そこで、私はアニメーション動画という手段で、なじみやすく、そして短い時間でサクッと、
この現代社会を力強く生き抜いていくための「知識の武器」を届けたいと思っています。

ライフハックアニメーションのこれから

チャンネルを開始したのは、2019年5月です。

現在(2021年11月)、約2年半、継続的に「心と体の健康」をテーマに情報を発信し続けてきました。

そうした情報発信活動の中で、今まで自分の中で漠然と体系化されてきた知識をまとめていきたいと考えています。

そこで、「メンタルの塔」という私の考えの基軸となるような概念を考えました。

今後はそこを基軸にコンテンツを編集していく予定です。

「メンタルの塔」では、ポジティブかネガティブか、といった白黒思考では物事を考えません。

いつもポジティブで明るくいないといけないなどとは考えません。むしろ、ネガティブな状態の中にも良さを見出します。

そのうえで、自分にとって居心地のよいメンタルの状態の「幅」を見つけ、その「幅」の間を行ったり来たりできるようになることを目指します。

今、「マイナス」の状態にいる人は、まず「0」の状態に戻れるようにすること。

そして「0」の状態になったら、そこから「プラス」の状態に向かっていくこと。

一方で、「プラス」の状態にい続けないといけないなどということはなく、自分にとって居心地の良い「マイナス」と「プラス」の間を行ったり来たりすることを目指すのです。

また、一般的に自己啓発知識には、その人のメンタル状態に合った知識を選ぶとよいと思っています。

「マイナス」のどん底にいる人に、「プラス」の人向けの知識を与えても、プレッシャーに感じるだけで逆効果なことも多々あると思います。

「メンタルの塔」の概念に紐づけで、今の自分のメンタル状態に合った知識を適切に選んでいけるようにしていきたいと思っています。

保有資格について

保有資格

保有資格として、「JADP認定上級心理カウンセラー資格」と「JADP認定上級食育アドバイザー資格」を取得しています。

チャンネルを開設してから二年以上が経ちますが、これまでは、いわば我流によって手当たり次第に知識を吸収し、役に立った知識・実践方法などをまとめて発信していました。

ただ、Youtubeチャンネルを立ち上げ、こうして今では登録者数が15万人を超え、それなりにメディアとして影響力を持つようになった結果、
一度、自分の知識の土台となるような専門的な知識を体系的に学ぶ必要があると感じました。

そこで、心理面、肉体の健康面において専門知識を学ぶために、上記の資格を取得しました。

これからは「心と体の健康の専門家」として情報を発信していきたいと思っています。

アニメーションについて

当チャンネルで製作しているアニメーション動画はすべて内製しております。

2021年より、もっと柔軟なアニメーション表現をしたいという想いから、それまで使用していたアニメーションソフトをやめ、
現在は主にAfter Effectsを使っての動画製作を行っています。

また、そうして身に着けた動画製作スキルを活かして、動画製作の受注も行っております。

広告動画やサービス紹介動画の製作など、企画から入ることも可能です。適切かつ柔軟、そして斬新な表現を心掛けております。

Youtube動画の更新の兼ね合いあり、一度に一案件ずつ受け付けております。

現在受注可能かどうかは、下記ページをご確認ください。

執筆活動について

KADOKAWA様より貴重なお話を頂き、偉人の心の個人史に沿ってメンタル改善の視点を提供していく書籍を執筆しました。

書籍発売のお知らせ

https://youtu.be/ismkyTxtfbw告知動画↑ 2021年12月2日に全国の書店で発売!amazonでは予約受付中![itemlink post_id="4932"]ライフハックアニメー[…]

天才はみんな鈍感さん

今後も、メンタルの悩みに寄り添うような執筆活動を行っていきたいと考えています。

書籍の執筆や雑誌類への寄稿など、お話を頂けますと幸いです。