夢をかなえるゾウに学ぶ成功への道【あらすじ】

この記事のポイント
  1. 自分を変えるためにしなくてはいけない事が分かる!
  2. 好きな事で生きていくために大切なことが分かる!
  3. 行動する事と感謝する事の重要性に気づける!

大ベストセラー書籍の「夢を叶えるゾウ」より、自分を変えるために大切な事、そして人生を自分の好きな事をして生きていくにおいて必要不可欠な事について解説しています。

夢をかなえるゾウ

あらすじ

みなさんこんにちは!ライフハックアニメーションです!

今日の記事では、大ベストセラー書籍「夢をかなえるゾウ」より、
人生における大切な考え方を解説していきます。

この書籍を私は今まで読んだことがなかったのですが、
コメント欄にて「是非読んで下さい」との推薦があり、気になったので読んでみました。

その結果、想像以上に感動しましてこれは是非その内容を取り上げたいと思いこの記事を作りました。

ただ、この記事では書籍の具体的なストーリ部分にはほぼ触れることなく、
そのメッセージ部分を短く要約して解説していきます。

この記事を最後まで読むことで、

「行動を起こすこと」そして「感謝をすること」がなぜ何にもまして大切なのかというその理由が分かります。

そして明日から、またいつもとは違った視点から日々の生活を眺めることができるようになるでしょう。

是非最後までお楽しみください。

人生を変えられない理由

自分を変えられない理由

物語の主人公は、自分を変えることを決意し、自称神様で名前をガネーシャという師匠の象から、

毎日1つずつ課題を与えられます。

その課題は多岐にわたり、例えば

  • 自分の靴を磨く
  • 慈善活動への寄付をする
  • 食べ過ぎない
  • 人を笑わせる
  • トイレを磨く
  • 自分を褒める
  • 何かをやめる
  • 続けられる環境を作る
  • 運が良いと思うようにする

などがありました。

主人公は、それらの課題に真面目に取り組み、実際に日に日に自分の人生にポジティブな変化が起こっているような気がしていました。

しかし、師匠のゾウのガネーシャとの別れが近づいてきた時、
ガネーシャは、主人公はこのままでは結局変われないままになるといいました。

一体どうして主人公は、このままでは結局のことろ自分の人生を変えるに至れないと言われてしまったのでしょうか。

やりたいことを仕事にしていない

やりたい事を仕事にしていない

まず第一に、

ガネーシャが出した課題というのは実は全て主人公の部屋の本棚に並べられている本に書かれているものでした。

言うなれば、巷に溢れる自己啓発本に書かれているようなことをガネーシャは課題と言って与えているだけでした。

そして、どの課題の教えも、主人公はその知識をいままで本から学んで来たはずでした。

それにも関わらず、主人公は結局のところ自分の人生に対して不満を感じ、
変わりたいと日々切実に思い続けていたわけです。

なぜならば、主人公の生活には決定的に欠けている事が1つあったからです。

それは、

「やりたい事を仕事にしていない」

という事実です。

さらに言うなれば、主人公は自分が「やりたい事」というのを分からないでいました。

そして、やりたい事が分からないから、主人公は自分のやりたい事というのを日々考えているわけですが、

ガネーシャによると、そのままでは絶対にやりたい事は見つからないし、仮に見つかったとしても上手くいかないといいます。

一体どうしてなのでしょうか。

やらずに後悔している事を今すぐ行動に移す

まず、やりたい事が分からないから、やりたい事を考える、

これだけは一番やってはいけない事であるとガネーシャは言います。

なぜならば、

やりたい事というのは考えて見つけ出すものではなく、
実際に行動して体験し、体感するものだからです。

しかし、

主人公は、漠然とやりたいことを考えるだけで、
一切行動には移さず、なにかと言い訳を見つけてはいつも通りの変われない生活を送っていました。

仕事はつまらなく、休日はダラダラ過ごし、いつも通りお酒を飲んで眠りにつく毎日です。

ただ、やりたい事を仕事にするのは絶対に大切であるとガネーシャは言います。

好きな事と仕事

なぜならば、仕事とは、本質的には

「作業の繰り返し」

であり、
その作業が自分にとって楽しいものでない限り、仕事は絶対に退屈で苦痛なものになってしまうからです。

だからこそ、

やりたい事というのを自分の人生における中心的な営みに設定することは非常に大切なわけです。

そのため、ガネーシャはこう言いました。

「やらずに後悔していることを、今すぐ始めろ。」

やらずに後悔していること、それはきっと、今までの人生の中で体験してきた事柄の中で、

理屈抜きで感覚的にやりたいなあと思っている事です。

そのやりたいなあと思っていることを、実際にやってみて体感しないといけないのです。

もし体感してみて、「これがやりたい事だ!」と思えたのなら、
それをなんとか仕事にできないか考えを巡らすのです。

そしてまたその考えを、行動に移し一歩一歩前進していくのです。

「言うだけならば簡単」などという言い訳をせず、
実際に行動に移さないといけないわけです。

行動に移さない限り、絶対に変わる事はできないのです。

成功するためには満たされていないといけない

他者を満たす事で自分も満たされる

そしてここで終わらず、

ガネーシャの話は続きます。

それは、

もしそのやりたい事で成功したいのなら、まず自分が満たされていないといけないという事です。

やりたい事を通じて、お金を稼ぎ、名声を手にして、充実した人生を送るためには、

まず自分自身が満たされていないといけないのです。

なぜならば、

自分が満たされていないと、相手を満たしてあげる気持ちにはなれないからです。

  • お金を稼ぐ事
  • 褒められる事
  • やりがいを感じる事、

これらは全て、他者が自分に与えてくれるものたちです。

一見、お金も名声も地位もやりがいも全て自分で手に入れるものであると思いがちですが、実はどれも例外なく他者が与えてくれるものです。

それでは一体どのような時、他者はそうしたものを自分に与えてくれるのでしょうか。

それは、

満たしてもらった時です。

自分に欠けているものを満たしてもらえた時、人は感謝をしてお返しをします。

しかし、

先ほども述べた通り、
自分が満たされていない限り、相手を満たしてあげる気持ちにはなれません。

それは、お腹がペコペコな状態で、目の前に少しばかりの食料がある時、
果たして他の人にその食料を分けてあげる気持ちになれますかという話です。

成功したくても成功できない理由

ただ、

「変わりたい」このように願うことは、自分の中にある欠けている部分に気づき、それを満たそうとしている行為に他なりません。

しかし、ここで矛盾が生じます。

つまり、自分を変えるためには、今すぐ行動を起こしやりたい事を始めなくてはいけません。

ただし、その行動が「変わりたい」という欠乏から来る限り、
相手を満たしてあげることはできず、結果として自分も満たしてもらえないわけです。

このままでは、やりたい事をやっていたとしても、それは自己満足の域を出ず、それを仕事にして生きていくというレベルにまではなれません。

じゃあどうすれば良いのでしょうか。

感謝で自分を満たすことから始める

感謝の気持ちで自分を満たす

仮にやりたい事であったとしても、自分が満たされていない状態でそれをしていては、本当に望む結果は得られません。

なぜならば、

自分が満たされていない状態では相手を満たしてあげる事が出来ないからです。

相手を満たしてあげられない限り、お金にはなりません。
お金にならないことには仕事になりません。

となると、

また元どおりやりたくないけれどもお金になる仕事に戻らなくてはいけません。

やりたい事で生きていくためには、
先に自分が満たされないといけないのです。

じゃあどのように自分を満たせばよいのでしょうか。

それは感謝によってです。

自分を感謝で満たすのだとガネーシャは言います。

自分に欠けているものを見る前に、
自分に与えられているものに感謝します。

電気に水道にガスに、
近所のコンビニからスーパーから食材から、
上司から同僚から、友達から兄弟から親まで、

普段当たり前のようにそこに存在しているものたち全てが、
自分の人生に彩りと意味を与えてくれている事に気付き、

感謝するのです。

自分の周りには誰かの努力によって成し遂げられた事が、
数え切れないほど溢れているという事実に気付き、

数え切れないほどの感謝で自分を満たします。

そうして初めてやりたいことを行動に移すのです。

そうすることで、今度は自分がみんなを満たしてあげる番だという気持ちになれます。

そうした気持ちになれれば、

社会に足りていないものに気付けます。
自分のやりたい事と世の中に欠けている部分との一致に気づけます。

すると、自分のやりたい事が世の中の人を満たし、代わりにお金という形で舞い戻ってくるイメージが湧いてきます。

もし、「変わりたい」「お金持ちになりたい」「成功したい」、そうした欠乏ばかりに目を向けていては、相手を満たせません。

そうではなく、

感謝によって自分のお腹をいっぱいにし、今度は自分がみんなを満たしてあげる番だと思えるようにします。

そうすることで、やりたい事を実際に行動に移した時、
その行動が世の中に欠けている部分を満たし、それがそのまま仕事になるのです。

夢をかなえるゾウまとめ

夢をかなえるゾウあらすじまとめ

以上いかがでしたか?

この記事では、

ベストセラー書籍「夢を叶えるゾウ」より、そのメッセージを要約し、私なりの考えも若干まぜつつ紹介をしてきました。

とにかく行動を起こす事。
そして感謝の気持ちで自分をまず満たす事。

これらは2つで1つです。
どちらかが欠けていては望む結果を得られません。

この書籍は、

その内容の真剣さとは裏腹に、たくさんのボケとツッコミが織り交ぜられながら話が進められていきます。

非常に読みやすく、またハッとさせられるメッセージが豊富に散りばめられています。

ご興味のある方は是非一度お手にとってみてはいかがでしょうか。

 

また、この記事と関連して、こちらの記事もご一緒に見られると、また違った視点が得られるかと思います。

ご興味のある方は是非こちらもご覧下さい。

やりたい事の見つけ方
【やりたい事の見つけ方】人生をかける好きな事が見つからないという人へ人生を通じてやりたい事や好きな事が見つからないという人を対象に、その見つけ方から注意点までを解説しています。この記事を見る事で自分が何をしたいのかを見つけることが出来るようになります。...

この記事の内容が何か1つでもあなたのお役に立てておりましたら幸いです。

最後までご愛読ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

P.S.
また当記事の内容はYoutube動画でも解説をしておりますので是非合わせてご視聴ください。